イタリア自動車雑貨店

今月のイタリア自動車雑貨店 新商品入荷情報

PART 2:8月15日〜8月31日2018/8/15 UPDATE!!

Yahooショッピングをご利用の方はこちらのリンクからご購入下さい

新商品 NOVITA!!

  • Ferrari Club Piemonte七宝製エンブレム 
  • Ferrari Club Piemonte七宝製エンブレム 
  • Ferrari Club Piemonte七宝製エンブレム 
  • Ferrari Club Piemonte七宝製エンブレム 
  • Ferrari Club Piemonte七宝製エンブレム 
  • Ferrari Club Piemonte七宝製エンブレム 

■ コレクター必見!の白ベース

 Ferrari Clubの総本山、Ferrari Club Italiaを筆頭にイタリア国内はもとより世界各国に存在する傘下のクラブ。Ferrariを愛するオーナーによって構成されています。そして各クラブごとにエンブレムやピンバッジなど、メンバー向けのアイテムにも非常に凝ったものを用意しています。

 今回ご紹介するのは、Ferrari Clubの総本山、Ferrari Club Italiaの傘下クラブの中でも、特に有力なクラブとして様々な活動をおこなうClub Piemonte。メンバーのためのエンブレムやピンバッジなど、メンバー向けのアイテムにも非常に凝ったものを用意しています。

 誇りあるメンバーの証としてひときわ輝くこのエンブレムはもちろん古くからの伝統を受け継いだ上質な七宝製のものです。非常に質感高い仕上がりで、誇りあるメンバーの証としてひときわ輝いています。コレクター必見! の逸品です。

  • LANCIA純正レタードシートカバー
  • LANCIA純正レタードシートカバー
  • LANCIA純正レタードシートカバー
  • LANCIA純正レタードシートカバー
  • LANCIA純正レタードシートカバー
  • LANCIA純正レタードシートカバー

■ 着る?着せる?LANCIAです。

 一見LANCIAのレタードロゴが大きく入ったウェア?と思ってしまいます。まるでベストのようなシートカバーです。背もたれ部分にちょうど着せるような感じで被せて、座面と背もたれの隙間から裾を後ろに回してファスナーで留めます。

 昔よくいましたよね? 本物のTシャツをシートに無理やり着せてる人。要するにそれを上手い具合に製品化したのがこのシートカバーというわけです。とにかく凝ってます。純正ウェアより凝ってかも。ネイビーとブラックのコンビカラー、レタードロゴはベージュで縁取りはホワイトです。前にもファスナー付き。

 これをシートに被せると、車内の雰囲気が一変します。若々しく、ポップな感じに車内をコーディネートしたい方にはぴったりな一品です。

  • ALFA ROMEO & FORMULA 1 DAL PRIMO MONDIALE
  • ALFA ROMEO & FORMULA 1 DAL PRIMO MONDIALE
  • ALFA ROMEO & FORMULA 1 DAL PRIMO MONDIALE
  • ALFA ROMEO & FORMULA 1 DAL PRIMO MONDIALE
  • ALFA ROMEO & FORMULA 1 DAL PRIMO MONDIALE
  • ALFA ROMEO & FORMULA 1 DAL PRIMO MONDIALE

■ 帰ってきた名門、その歴史のすべて

 クルマの歴史はレースの歴史。使い古されたコトバかもしれませんが、やっぱり彼らにとってとても大切なことですから。レースなしに今日の栄光はありえません。そうです、MILANO生まれの名門、Alfa Romeoです。

 戦って戦って、時には無残に夢破れ、その敗北をバネにふたたび立ち上がり、必ず頂点に!そんな熱い歴史の積み重ねが作り上げた“Cuore Sportivo”の物語です。モータースポーツとひとくちで言っても、そのカテゴリーは様々ですが、やはりその頂点に立つのはF1。本書には、Alfa RomeoがF1の世界に刻んだその歴史が凝縮されています。

 戦前の、グランプリと呼ばれた時代を経て1950年。F1に初めて世界選手権が制定されます。もちろん我らがAlfa Romeoの名もしっかりとそこに刻まれています。開催初年度にはジュゼッペ・ファリーナが、翌1951年にはファン・マヌエル・ファンジオがともにAlfa Romeoを駆り世界チャンピオンの座に輝いています。

 そして時代は1970年代。再び名門の名がF1の世界に。主人公の一人、その名はカルロ・キティ。真赤なマシンにすべての情熱を注いだ男が率いた戦う集団、AUTODELTAの名とともにサーキットを駆け巡ります。ラウダ、ピケ、アダミッチ、パトレーゼ、ラリーニ……。錚々たる顔ぶれがAlfa Romeoとともに戦います。

 MARTINIカラーも鮮烈なブラバムBTシリーズ、MarlboroやBenettonカラーを纏ったワークス体制時代、エンジンのみ供給したオゼッラのマシン等々が並びます。そして2018年。SAUBERのマシンを真っ赤に染め上げAlfa Romeoの名がF1の世界にカムバック!数々の戦うAlfa Romeo F1が凝縮された熱い1冊です。

  • ABARTH純正124 spiderリミテッドエディションインテリアプレート
  • ABARTH純正124 spiderリミテッドエディションインテリアプレート
  • ABARTH純正124 spiderリミテッドエディションインテリアプレート
  • ABARTH純正124 spiderリミテッドエディションインテリアプレート
  • ABARTH純正124 spiderリミテッドエディションインテリアプレート
  • ABARTH純正124 spiderリミテッドエディションインテリアプレート

■ 124復活の時を刻むプレート

 The King of the rally is back.
そんな勇ましいキャッチコピーとともに復活の狼煙を上げたABARTH 124 spider。WRCを席巻した往年の名車が現代に蘇りました。その姿は当時の面影を感じさせながらも、現代のウェポンに相応しいものです。

 そのデビュー時、最初の2500台は記念すべきオープニングエディションとしてリリースされました。そのインテリア背面部のコンソールボックスに装着されていたのがこのメモリアルプレートです。ヘアライン仕上げされたアルミプレートにはOFFICINE ABARTHのロゴ、イタリア国旗が刻まれ、中央には124 spiderの透視図を配したもの。そして下部にはシリアルナンバーが刻まれています。

  • ABARTH純正エアチェックバルブキャップ&デジタルエアゲージセット
  • ABARTH純正エアチェックバルブキャップ&デジタルエアゲージセット
  • ABARTH純正エアチェックバルブキャップ&デジタルエアゲージセット
  • ABARTH純正エアチェックバルブキャップ&デジタルエアゲージセット
  • ABARTH純正エアチェックバルブキャップ&デジタルエアゲージセット
  • ABARTH純正エアチェックバルブキャップ&デジタルエアゲージセット

■ ABARTH、その走りを極めるための第一歩

 ABARTHともなれば、重要なのはその走り。となれば軽視できないのがタイヤの空気圧です。その僅かな違いにこだわってこそ、ABARTH乗りたるもの。そんな熱い皆さんのためのアイテムがこちら。ABARTH純正アイテム、エアチェックバルブ&デジタルエアゲージのセットです。

 このバルブキャップ、トップ部分におなじみサソリのマークは入ってません。そのかわりもっと大事な機能が隠されています。キャップのトップ部分にはクリア窓が設けられ、正しい空気圧の場合は無色、規定値を下回ると赤く変化し警告を促すというもの。

 エアバルブはABARTH 500、595系モデルの標準的な設定値、フロント用2.3kg/cm2(33psi)✕2個、リア用2.1kg/cm2(30psi)✕2個がセットになっています。そして正確なエアプレッシャーを計測するためのデジタルエアゲージのセットです。

  • PININFARINA MASTERPIECES OF STYLE
  • PININFARINA MASTERPIECES OF STYLE
  • PININFARINA MASTERPIECES OF STYLE
  • PININFARINA MASTERPIECES OF STYLE
  • PININFARINA MASTERPIECES OF STYLE
  • PININFARINA MASTERPIECES OF STYLE

■ 美を極める老舗の技

 Pininfarinaの輝かし歴史を凝縮した一冊です。本来、移動手段としての工業製品であるはずの自動車と、「美しさ」という概念をもって向き合ったPininfarina。彼らが世に送り出した数々のモデルの中には、芸術品としての価値すら兼ね備えたものもあるほどです。

 創業当時、顧客の求めに応じハンドメイド仕上げしていた時代の貴重な工房風景をかわきりに、彼らの手掛けた名車を中心に綴られた一冊には、時代時代を象徴する事象なども織り込まれています。Pininfarinaの歴史はイタリアの輝かしい自動車史とも密接にリンクしてきました。そんな輝かしい歴史の中、まさに本書のタイトル通り生み出された傑作の数々がまとめられています。

 Pininfarinaといえばまず筆頭はFerrari。まさに宝石とも言える数々の名車をはじめ、Alfa Romeo、Lancia、FIAT……、イタリア勢が続きます。のみならずPininfarinaが手がけた世界の自動車メーカーとのコラボレーションモデル、さらには自動車の枠を超え彼らの手になる様々な工業製品も見ることができます。

再入荷

Independente e differente
BACK TO TOP