イタリア自動車雑貨店

今月のイタリア自動車雑貨店 新商品入荷情報

PART 2:10月15日〜10月30日2018/10/15 UPDATE!!

Yahooショッピングをご利用の方はこちらのリンクからご購入下さい

新商品 NOVITA!!

  • Scuderia Ferrari純正2007年W.C.記念額装アウトグラフカード-K.Raikkonenn直筆サイン入り-
  • Scuderia Ferrari純正2007年W.C.記念額装アウトグラフカード-K.Raikkonenn直筆サイン入り-
  • Scuderia Ferrari純正2007年W.C.記念額装アウトグラフカード-K.Raikkonenn直筆サイン入り-
  • Scuderia Ferrari純正2007年W.C.記念額装アウトグラフカード-K.Raikkonenn直筆サイン入り-
  • Scuderia Ferrari純正2007年W.C.記念額装アウトグラフカード-K.Raikkonenn直筆サイン入り-
  • Scuderia Ferrari純正2007年W.C.記念額装アウトグラフカード-K.Raikkonenn直筆サイン入り-

■ コレクター必見!

 “Fire and Ice”、2007年、キミ・ライコネンが見せた活躍をこれほどまでに端的にあらわした言葉があるでしょうか。静かに、ひとつひとつ言葉を選びながらインタビューに答えるライコネン。しかしひとたびステアリングを握れば燃えるような走りを披露。ファイターの名にふさわしいドライバーです。

 2018年シーズンを最後にScuderiaを去る決断をくだしたライコネンですが、その人気は現役ドライバーの中でもトップクラス。ライコネンを辞めさせるな署名!?活動が話題になったのも記憶にあたらしいところです。

 さてこちらはサウバーで鮮烈なデビューを果たしマクラーレンへと移籍。着実にその実力を積み重ねたライコネンが2007年ついにScuderiaのドライバーへ!そして移籍初年度にしてワールドチャンピオンに輝くという偉業を達成したそのメモリアルアイテムです。

 真赤な額に収められているのは当時Scuderiaがリリースしたワールドチャンピオン獲得記念アウトグラフカード。そこにライコネン直筆でサインが記されています。あれから11年。現状これがScuderia Ferrariの最後のタイトルとなってしまっています。ライコネンファン、そしてScuderia Ferrariファン必見の超絶レア!なメモリアルアイテム、お見逃しなく!

  • Ferrari70周年ロゴオブジェ
  • Ferrari70周年ロゴオブジェ
  • Ferrari70周年ロゴオブジェ
  • Ferrari70周年ロゴオブジェ
  • Ferrari70周年ロゴオブジェ
  • Ferrari70周年ロゴオブジェ

■ 跳ね馬の生まれ故郷発

 Ferrariマラネッロファクトリー。ファンにとって、まさに聖地とも言えるその場所で生まれる数々の跳ね馬。熟練の職人たちの手によってあの美しいモデルが生み出される工程をご覧になったことがある方も多いはずです。

 V12、そしてV8ユニットのブロックやシリンダーヘッドなど、アルミ製品の多くもファクトリー内部の鋳造過程においてつくりだされています。無造作に積み上げられたアルミインゴットは、真赤に燃えさかる溶鉱炉へ。そして鋳型に注がれ、あの心臓部のカタチが生み出されます。

 今回ご紹介するのは、そんなマラネッロファクトリーから生まれたオブジェです。台座に掲げられるのはプレート状になったFerrariのロゴ。ただそれだけのシンプルなデザインですが、台座にはFerrari 1947-2017の文字が刻まれています。表面に見られるざらついた表情は、このモデルが砂型鋳造によるアルミ製モデルであることを示しています。

 ファクトリー内部の鋳造部門において、数々のエンジンパーツや足回りのダイキャスト部品を生み出すなか、その合間をぬって社内の有志によってこの70周年記念オブジェが生まれました。コレクター必見、マラネッロファクトリーの熱気をお手元で感じてください。

  • MASERATIエンブレムアルミオブジェ(カラー)
  • MASERATIエンブレムアルミオブジェ(カラー)
  • MASERATIエンブレムアルミオブジェ(カラー)
  • MASERATIエンブレムアルミオブジェ(カラー)
  • MASERATIエンブレムアルミオブジェ(カラー)
  • MASERATIエンブレムアルミオブジェ(カラー)

■ 栄光のトライデント、誇らしげな姿

 MASERATI。その響きだけで、一瞬にして目の前に広がる独自の世界。個性を失われつつあるといわれる現代の自動車の世界において、彼らの存在感はひときわ大きなものです。積み重ねてきた歴史は100年を超え、その波乱万丈ともいえる歩みが現在のMASERATIをつくりだしています。

 ずっしりとした重みのアルミ製オブジェは幅260mm×縦400mmという大きなもの。そこに掲げられたロゴ、そしてMASERATIを象徴する三矛の盾、トライデントはそれぞれ別パーツを組み合わせたつくりになっており、その重厚な立体感に思わず目を奪われてしまいます。

 こちらは現行型エンブレムを模した鮮やかなカラーリングが再現されたタイプ。アルミ製ならではの重厚な雰囲気で堂々たる風格を見せるオブジェです。MASERATIファンのインテリア、ガレージを彩るアイテムとしてこれ以上ない存在感を誇る逸品です。

  • AUTOMOBILE CLUB TORINO CESANA SESTRIERE EXPERIENCE 2015 GINO MACALUSOメモリアルメダル
  • AUTOMOBILE CLUB TORINO CESANA SESTRIERE EXPERIENCE 2015 GINO MACALUSOメモリアルメダル
  • AUTOMOBILE CLUB TORINO CESANA SESTRIERE EXPERIENCE 2015 GINO MACALUSOメモリアルメダル
  • AUTOMOBILE CLUB TORINO CESANA SESTRIERE EXPERIENCE 2015 GINO MACALUSOメモリアルメダル
  • AUTOMOBILE CLUB TORINO CESANA SESTRIERE EXPERIENCE 2015 GINO MACALUSOメモリアルメダル
  • AUTOMOBILE CLUB TORINO CESANA SESTRIERE EXPERIENCE 2015 GINO MACALUSOメモリアルメダル

■ イタリアのクルマを愛した一人の男

 トリノ近郊のスキーリゾート地SESTRIERE。古くは1950年、RALLY SESTRIEREが開催されるなど、公道レースの聖地としてその名を知られています。美しく、そして過酷なアルプスの山並みを舞台に、数々の名車が繰り広げる戦いはエンスージアスティックな魅力にあふれています。

 こちらは往年の公道RALLYイベントを現代に蘇らせたCESANA SESTRIERE EXPERIENCE、その2015年のメモリアルメダル。ヴィンテージカーを象徴する歯車型のメダル、その表面には主催者である地元AUTOMOBILE CLUB TORINOのエンブレムをデザイン。そしてその名とともにイベントロゴが刻まれています。

 そしてご注目いただきたいのはメダル裏面です。この2015年のイベントは、GINO MACALUSOメモリアルと題されていました。GinoとはLuigiの愛称、つまりLuigi MACALUSOメモリアルなのです。マカルーゾといえば、トリノに生まれ、主に高級時計を扱う事業を手がけ、後にジラール・ペルゴを率いることになる実業家です。

 イタ車好きのみなさんにとっては、あのCLUB ITALIAの創設者といったほうが早いかもしれません。そのマカルーゾが病に倒れこの世を去ったのが2010年。今イベントはそのマカルーゾメモリアルとして開催され、その名がこのメダルに刻まれているのです。

 イヴェントそのものの魅力もさることながら、自動車を心から愛し、とともに歴史を重ねてきたマカルーゾへの敬意が込められたメモリアルメダルにはイタリアの自動車に対する誇りすら感じることができます。

  • Alfa Romeo純正ワイングラスセット
  • Alfa Romeo純正ワイングラスセット
  • Alfa Romeo純正ワイングラスセット
  • Alfa Romeo純正ワイングラスセット
  • Alfa Romeo純正ワイングラスセット
  • Alfa Romeo純正ワイングラスセット

■ 至福のひとときを過ごすために

 イタリアといえばワイン。水代わりに飲む、なんてまことしやかに語られ、その生産量は世界一を誇るイタリアです。となればこんなアイテム、待ってました!のAlfa Romeo純正ワイングラスセットです。

 イタリアLuigi Bormioli (ルイジ ボルミオリ) 社が手がけるこちらは無鉛クリスタルを使用したもの。旧来の有鉛タイプに勝るとも劣らない透明度、屈折率を誇る繊細で美しい姿はワイン本来の色を存分に楽しんでいただけます。

 美しく繊細な曲面のボディにはプラチナ印刷によるAlfa Romeoエンブレムが輝きます。Alfa談義に花を咲かせる一時には、美味しいワインとこのグラスが欠かせません。Alfistaのあの人へのギフトにもいかがでしょうか。

■ イタリアの粋、健在です

 2016年12月、FCAからイタリア車を愛するエンスージアストに嬉しいニュースがリリースされました。FCA自らがヘリテージ部門を設立。Alfa Romeo、FIAT、LANCIA、そしてABARTHというFCAグループの各ブランドが産んだ数々の名車を、自らの手でオフィシャルにレストア。歴史遺産として構成にその名車を遺してゆくというものです。

 そのCLASSICHE部門から続々登場のオフィシャルアイテム、今回もずらり勢揃いです。まずはベースボールキャップです。渋いボルドーレッドをベースにしたシックなイメージのキャップ、正面にはAlfa Romeo CLASSICHEロゴエンブレムが入ります。またオープンモデルのドライブにも最適なストラップも装備しています。

 そしてお次はホーローマグカップです。シンプルな魅力に溢れるホワイトをベースに、CLASSICHEエンブレムがプリントされたもの。さらに、ソックス、レザーキーケース等々が揃い踏み。古き良き時代のAlfa Romeo、往年のヴィンテージモデルに思いを馳せるアイテムの数々をお楽しみください。

再入荷

Independente e differente
BACK TO TOP