イタリア自動車雑貨店

今月のイタリア自動車雑貨店 新商品入荷情報

PART 2:2月15日〜2月15日2018/2/15 UPDATE!!

Yahooショッピングをご利用の方はこちらのリンクからご購入下さい

新商品 NOVITA!!

  • Ferrari Cavallinoオブジェ
  • Ferrari Cavallinoオブジェ
  • Ferrari Cavallinoオブジェ
  • Ferrari Cavallinoオブジェ
  • Ferrari Cavallinoオブジェ

■ マラネッロファクトリーを見つめた跳ね馬

 鈍い輝きをまとうFerrariの象徴、Cavallino。アルミ素材ならではの質感は、跳ね馬の心臓部で咆哮を上げるエンジンブロックを彷彿させます。160mm(幅)×260mm(縦)という堂々たるサイズ。このオブジェ、アルミ素材ということが大きなポイントです。

 様々なアルミ素材が用いられるマラネッロファクトリー。切削や鋳造なんてお手のものです。こちらもFerrari社内で製作されたもので、いわゆる外部への販売等のために製作されたものではなく、ファクトリー内部に展示されていたものをイタリアのコレクターが入手、そしてここイタ雑へ……。というもの。

 マラネッロの喧騒を静かに見つめてきたこのオブジェは、インテリアやガレージを静かに彩る名脇役として皆さんの目を楽しませてくれるに違いありません。残念なことにたった1点限り!の超レアアイレム。このチャンスを絶対に見逃すわけにはいきません。

  • Enzo Ferrari額装フォト(コピー) by Enzo Giovanelli
  • Enzo Ferrari額装フォト(コピー) by Enzo Giovanelli
  • Enzo Ferrari額装フォト(コピー) by Enzo Giovanelli

■ エンツォの素顔を

 19世紀終盤に誕生した自動車。その100年を超える歴史に大きくその名を刻む一人の男、Enzo Ferrari。自らの名を冠した自動車でレースに勝つ。ただそれだけに全てを注ぎ込んだ彼が、サングラス越しに見つめたものはいったい何だったのでしょうか。

 孤高のカリスマと呼ばれ、周囲のごく一部の関係者にしか心を許さなかったと言われる彼。今回ご紹介するのはそんなエンツォに寄り添い、その姿を印画紙に焼き付けていたFerrariオフィシャルフォトグラファー、Enzo Giovanelliによる1枚です。

 鮮やかなモデナイエローのフラッグの前で、珍しくサングラスを外した晩年のエンツォ。記者会見のワンシーンを切り取ったものです。コピーではありますが、当時の貴重な1枚が鮮やかなイエローの額に収められています。エンツォの熱気を身近に感じていただける逸品です。

■ 激辛の1台に仕上げるために

 もはやその存在はクルマの枠を超え、広く愛されるひとつのキャラクターを確立したFIAT 500。クルマはもちろんのこと、様々な関連アイテムがリリースされ、多くのファンの皆さんを楽しませています。さて、そんな500に今回もまた新たな仲間が登場です。

 色とりどりのカラーに身を包むのは、二つ折りタイプのウォレット、そしてカードケースです。ケミカルレザーを使用したもので、表面にはNuova 500の様々な姿が型押しされています。ウォレット内部にはカードホルダー、小銭入れも装備。札入れ部分は2コンパートメントタイプです。

 そしてカードケースは6枚収納タイプ。どちらもゴム製バンドでしっかり閉じておけるタイプとなっており、実用面も抜群。イタリア生まれらしいポップな色使いでNuova 500のイメージをカタチにしたカジュアルなアイテムです。

  • DELTA L'ULTIMA REGINA PORTFOLIO
  • DELTA L'ULTIMA REGINA PORTFOLIO
  • DELTA L'ULTIMA REGINA PORTFOLIO
  • DELTA L'ULTIMA REGINA PORTFOLIO
  • DELTA L'ULTIMA REGINA PORTFOLIO
  • DELTA L'ULTIMA REGINA PORTFOLIO

■ DELTA、その栄光の日々を凝縮

 1987年WRCに導入されたグループA規定に、LANCIAが出した回答がこのDelta Integraleシリーズです。市販車をベースに、改造範囲の限られたグループA規定を戦い抜くこのマシンのベースは、Giugiaroデザインのボクシーな2BOXスタイルを持つ、非常にオーソドックスなもの。

 本書では、実用車そのものといったDeltaが改良に次ぐ改良を加えられ、刻々とその姿を変化させてWRCを戦った姿をつぶさに観察することができます。HF 4WD、HF Integrale、16V、そして最終進化形Evoluzioneに至るまで、勝利を重ねるごとにその迫力を増してゆくDeltaの全てが収められています。

  • LANCIA純正Ypsilon30周年記念ボールペン
  • LANCIA純正Ypsilon30周年記念ボールペン
  • LANCIA純正Ypsilon30周年記念ボールペン
  • Lancia純正Ypsilonダイアリー(アルカンターラ製/Small)
  • Lancia純正Ypsilonダイアリー(アルカンターラ製/Small)
  • Lancia純正Ypsilonダイアリー(アルカンターラ製/Small)
  • Lancia純正Ypsilonダイアリー(アルカンターラ製/Large)
  • Lancia純正Ypsilonダイアリー(アルカンターラ製/Large)
  • Lancia純正Ypsilonダイアリー(アルカンターラ製/Large)

■ イタリアの、LANCIAの、粋を凝縮

 1LANCIA Ypsilon。一度その魅力にハマったら系の、イタ車らしい、そしてLANCIAらしさを色濃く残す1台です。そんなYpsilonも3代目。誕生からなんと30年!とここであれ?っと思った方、いらっしゃるはずです。

 そうです、Ypsilonの名は3代目ですが、その前身というべき1台、Y10をお忘れじゃありませんか!? 日本ではAutobianchiブランドでの方がよく知られるところですが、本国イタリアではLANCIA Y10でした。正式名称はYpsilon Dieci。Y10の登場、1985年から数え2015年が生誕30周年というわけです。

 こちらはそのメモリアルアイテムとしてLANCIAがリリースした、Ypsilon 30周年メモリアルアイテム。LANCIAらしさをひと目で感じさせるその姿、もちろんアルカンターラを使用したもの。上品なブルーの外装は、LANCIAの内装にも通じる雰囲気たっぷりの仕上がりです。ボールペン、そしてダイアリーともにLanciaの伝統を受け継ぐYpsilonの栄光を称えるアイテムです。

再入荷

Independente e differente
BACK TO TOP