イタリア自動車雑貨店
商品代金合計10,000円(税込)以上で送料無料!!




NOVITA・・・到着!NEWアイテム
REARRIVALS・・・お待たせ!再入荷
(随時更新)
FOR COLLECTORS・・・レア!レア!レア!
ALL THE ITEMS・・・アイテムズ・ラインナップ
SPECIAL OFFER・・・ワケあって安い!


ITALIA NOW・・・イタリアを綴る

BOOK SHELF・・・イタ雑の本棚


やればできるさ!DO IT YOURSELF!




イタ雑onMobile


*インテリアドレスアップの新定番、シフトブーツ装着にチャレンジ!
 
 インテリアのカスタマイズといえば、ペダルにシフトノブが定番です。が、それだけじゃ満足できません。もうひと味プラスでもっと大胆にイメージチェンジ! のレザーシフトブーツはいまや新たな定番メニューです。

 基本作業はとってもカンタン。ですがそのほとんどが車種専用設定。自分のクルマがラインナップにない……。なんてちょっと悲しい思いの皆さんもいらっしゃるはずです。

 だからって、手をこまねいているだけじゃ、クルマ好きの名がすたります。というわけで、燃えろ、DIY魂!ちょっとした勇気と知恵あれば、ほら、このとおり。

 意外とカンタンに流用できてしまうんです。さあ、それではさっそくチャレンジ。美しい完成予想図を頭に描いて、頑張って作業開始!です。
   





 

 まずはノーマルブーツの取り外しから。今回は、イタ雑イプシロンで作業を行っていますが、Alfa、FIAT、LANCIA……、ほとんどのイタ車は基本的に同じ構造です。ブーツ根元内側に、プラスティック製の枠が入っており、その枠から出た爪で、コンソールに固定されています。車種によってはこの枠にブーツが溶着されていることもありますが、心配無用です。少し強めに引っ張れば、パリパリっと外れてくれます。

 ごくおおざっぱに言ってしまえば、ブーツの取り外しは上に引っ張って抜くだけです。ブーツを上方に引き、土台部分とコンソールの隙間に指を掛けるようにして、上に抜きます。ブーツの上から指で探って、爪の位置を確認しながら引っ張ってください。

 ここで注意するのは力の入れ具合。なんせ相手はイタ車ですから。片手でブーツを引っ張っただけで、スポンッ!といともカンタンに抜けることもあれば、指先が泣きそうになるくらい痛くなってもビクともしないことも……。ただし、無理は禁物。無理にひねって爪を折ってしまわぬよう、またドライバーなど使う場合は、コンソールなどにキズをつけないよう、厚手のタオルなどで保護してから行ってください。

 どこか一箇所でもきっかけができると、そこを中心に後は比較的簡単に抜けてくるはずです。 できるだけ全体を平均的に持ち上げるように、力を加えてください。

 ブーツ上方、シフトノブとの接合部分は、車種によりスナップ留めになっていたり、タイラップなどで絞って固定されています。

はい、外れました。

 



 

 ブーツ内側のプラスティック製の枠を移植します。他車種用のブーツを使用する場合、このベース部分のサイズ、そしてブーツ本体のサイズ(高さ)がポイントになります。枠から出ている爪を、ブーツに開いている穴から出してください。他車種用ブーツを使用する場合、この爪とブーツの穴位置が合わないこともありますが、そういった場合はハサミやカッターなどでブーツをカットしてください。

 また、枠をブーツに固定する際、方向をよく確かめてください。裏返しにしていじっているうちに、どっちが前?なんてよくあることです。いざ装着の段階で前後逆!なんて、涙、涙ですからね。

  たとえばこの段階で、ブーツのサイズが若干小さく、爪を穴から出すにはちょっと足りない!なんて場合もあるかもしれません。そういった場合は、無理に爪を通そうとせず、ブーツを枠のフチにひっかける程度でも問題ありません。そういった場合は、ズレ易い部分に接着剤などを用いて固定してください。

 



 
 枠がブーツに収まったら装着です。取り外しと逆の要領で、パチンと爪をコンソールに押し込んでください。口元をしっかり留めて、完成です。おー!素晴らしいじゃないですか。これぞリフレッシュ! 新車みたいです。 
 



 
 さて、今度は汎用ブーツを装着してみましょう。MOMOやBLACKからリリースされている汎用タイプは大きめのサイズになっています。まずはザックリと感覚をつかむため、枠をブーツに入れ、コンソールに置いてみましょう。かなり余裕のサイズで、ダブついた印象になるはずです。
 



 

 このままでも全然問題ナイジャン!なんて横着してはいけません。完成度の高さは地道な作業で決まります。長すぎても短すぎてもダメですからね。これぞ究極!のサイズを求めてください。ではブーツのサイズを決めるための微調整を行いましょう。

 ブーツは、シフトストロークでおおよそのサイズを決めます。まず最初はブーツが短めになるように枠をセットしてください。

 左上、左下、右上、右下、各ポジションに入れ、ストロークの最大幅を見ます。それぞれのポジションでブーツがピンと張る位置をみつけ、その位置プラスアルファのたわみを持たせてください。あまり張りすぎるとシフトの際、ブーツが外れてしまったり、また長すぎると根元でシフト操作の妨げになることがあります。何度も繰り返し、慎重に位置決めしてください。

 



 

 しっかりと位置決めができたら、枠をブーツに装着します。ブーツのサイズが大きめのため、ダブつき気味になる場合があります。このだぶつきが、ある一か所に寄ってしまわないよう、全体に平均的にたるみを逃がすような位置決めをしてください。

 汎用ブーツには爪を入れる穴は開いていません。爪位置をしっかり確認のうえ、ペンなどで爪位置をマーキングしてください。よく切れるカッターやハサミで最初は小さめに穴をあけ、爪のサイズにあわせて少しずつ穴を広げてください。

 枠がブーツに収まったら、内側に余ったレザーをカットしてください。さあ、それではいよいよコンソールに装着。感動の一瞬、完成です。

 



 お疲れさまでした。作業完了です。
いかがです、実際にやってみると、意外とカンタンな作業だったはずです。

 それでいてこの完成度! インテリアのイメージが
ガラッと変化したはずです。

 ブーツ単体で見ると、ちょっと派手かも!と思う色でも、実際装着してみると案外しっくり馴染むはずです。

 さあ、あとはみなさんのイメージを存分に膨らませ、ブーツ選びから始めましょう。そしてほんの少しの勇気とヤル気、これでインテリアもバッチリ!決まります。

さあ、どれを選ぶ!?シフトブーツはこちらからどうぞ!

Do It Yourself コーナーでは「こんなことをやってほしい」、「これを付けてみて!」等々、皆様からのリクエストをお待ちしております。    Do It Yourself リクエスト





2017 Hackleberry & Sons Co.,Ltd. All rights reserved.
お支払について配送についてご返品について会社概要MAPプライバシーポリシー
このサイトは、プライバシー保護のため、
SSL暗号化通信を導入しております。